初詣の起源や由来 期限はいつまで? おすすめスポットはあるの?

年末年始

 日頃から信仰心があるかどうかは別として、新年を迎えると「初詣」に行って願い事をしてこようと思いませんか?

 そう思うのは、きっと誰もが「今年は!」「今年こそは!」という気持ちになるからなのでしょうね。

 ここでは、初詣の起源や由来、期限やおすすめスポットについてまとめています。

スポンサーリンク

初詣の起源や由来

 新年になって初めて神社やお寺、寺院に参詣し、その一年の幸せを祈願することが初詣で(初参りとも言われます)。その初詣も、時代によって変遷してきました。

 元々は「年籠り(としごもり)」と言って、氏神様に新年のあいさつをするもので、大晦日から元日の朝に行われていました。それが、次の二つに分かれたのです。

→「除夜詣」~大晦日の夜に参詣
→「元日詣」~元日の朝に参詣

 江戸時代には、その年の吉方向(恵方)にある社寺にお参りする「恵方詣」「恵方参り」が流行しました。

 これは「恵方に向かって行くと福を授かる」という考えに基づくもので、江戸の町では正月に自分の家から見て恵方の方角にある神社に参拝したそうです。

 現在の初詣の起源は、上記のうちの「元日詣」であるとされています。

 明治時代以降、上記の恵方の考え方がすたれ、方角にとらわれずに、にぎやか社寺に参拝するようになりました。

 参拝者で賑わうと、よい気が集まるとされていました。そう考えると、新年、多くの人が初詣に集まるのは、「よい気が集まるところで幸運を授かろう」ということなのですね。

 もっとも・・・現在のような好きな神社やお寺にお詣りするようになったのは、鉄道会社が鉄道網にある神社やお寺にお詣りすることをPRしたことによって定着したそうですが。

スポンサーリンク

初詣の期限~いつまでに行くの?

 初詣に「いつまでに行く」というような期限があるのでしょうか?

 「元日詣」が起源なので「元日に行くのがベスト」「正月三が日のうちに行くのがよい」と思われるかもしれませんが・・・実は「いつまでに」という期限はないのです。

 個人的には「正月三が日のうちに」「せめて1月7日までに」と思うのですが、それも決まったことではありません。要は、自分の気持ちに合わせて行くといいのです。

 実際、いつであろうが年が明けて初めて神社やお寺に行ってお詣りした時が初詣になるという考え方があります。

  • 除夜の鐘を聞いてすぐにお詣りする
  • 朝、起きて一休みしてからゆっくり初詣に出かける
  • 混雑は避けて2日、または3日に行く
  • 正月三が日は込み合うから7日までに行けばいいよ
  • どんどん焼きの時に合わせて初詣

 それぞれのライフスタイルに合わせて行けばいいのではないでしょうか?

 ただし・・・「何か気になることがあって、しっかりとお願いしてこよう」という場合、例えば
「昨年は病気がちだったので、ぜひ健康祈願を」とか、「うちの子が受験生なので学業成就の祈願を」というなら、早めに(できれば正月三が日のうちに)行くと心は落ち着くでしょうね。

 また、新年を新たな気持ちで迎えるには、正月飾りも気を遣いたいところですね。

初詣のおすすめスポット

 初詣のおすすめはどこか・・・個人的には、「地元で近いところ」が馴染みもあってよいかと思います。

 とはいっても、それぞれの社寺で「ご利益」が違うので、何を願うのかに応じて選ぶのも良いでしょう。

 るるぶ.com では「全国の初詣スポット人気ランキング」が載っています。

 また、願い事と別の目的になってしまいますが・・・芸能人も初詣に行っているので、場所によっては思わぬ有名人に遭遇することがあるかもしれません。(それを目的に初詣の場所を選ぶことはおすすめしませんが・・・)

 ちょっと古い情報なのですが、2016年ですと

中川翔子さん~浅草雷門
おのののかさん~赤城神社
尾木直樹さん~深大寺
川﨑麻世さん~氷川神社

というように、ブログに書いている方々がいます。さて、今年は誰が、どこに初詣に行くのでしょう?

まとめ

 初詣に行かないからと言って災いがあるわけではなく、あくまでも個人の気持ちや子供の頃からの習慣、ライフスタイルに基づいて決めればよいことです。

 しかし、誰もが新年は新たな気持ちで迎えるもの。「1年の計は元旦にあり」という言葉があるように、新年を迎えて早いうちに初詣をして願いごとをしてくるのもいいですね。何より、新年早々に神社やお寺に行くと、神聖な気持ち(清々しい気持ち、と言ったらよいのでしょうか)になれますよ。

 

コメント