正月飾り いつからいつまでにする?片付けの時期と処分の仕方は?

年末年始

 クリスマスが終わると正月の準備…ツリーを片付けつつ、正月準備って大変ですね。

 一体、正月飾りはいつからいつまでにするのが良いのでしょう。また、飾った後には片付けが必要ですが、その時期や、取り外した飾りはどうすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

正月飾りはいつからいつまでに飾る?

 しめ縄や門松などの正月飾りは、一般的にはクリスマスが終わってから28日の間に飾ることになっています。

 25日にクリスマスが終わり、26日にはクリスマスツリーを片付け、早ければ27日に正月飾り付け開始。29日は「9」が付くことや、語呂合わせで「二十九=二重苦」となることから避けた方がいいです。

 また、31日は一夜飾りで良くないと言われています。ギリギリで慌ただしく、落ち着いて正月を迎えられないことになってしまうというのが、その理由です。

 そう考えていくと28日は早過ぎず、遅すぎず。

 クリスマスが終わって26日から28日までに正月飾りを付けるのは理にかなっていると言えます。

クリスマス前の正月飾り

 では、クリスマス前の正月飾りはダメなのでしょうか?
 結論から言えば、決してそんなことはありません。

 もともと12月13日は「正月始め」の日で、すす払いをしたり 山へ松や竹を取りに行ったり、しめ縄を作り始めたりするなど、正月の用意を始める日でした。

 今は、正月飾りを買ってきて済ませる家が多いと思いますが、昔はそうではなく、しめ縄などは家庭での手作り品でした。

 ですから、12月13日から少しずつ進める必要があったのです。決して早すぎるわけでも、クリスマス前だからと言ってダメなんてことはないんですね。

 でも、いつからでしょうか…クリスマス商戦が活発になるにしたがい、華やかなクリスマス関連の飾りと正月の飾りが一緒になるのは合わないと感じ、正月飾りはクリスマスが終わってからに、という流れになったのです。

 スーパーが、12月25日閉店時までクリスマス一色なのに、12月26日開店時には一気に正月になるのがいい例です。もちろん、スーパーはクリスマス前でもお供え餅などが売っていますけどね。

 確かに…私が子供の頃(50年ほど前)ですと、祖父の家では、12月中旬、つまりクリスマス前から、せっせとしめ縄飾りの準備していたような記憶があります。決して「クリスマス一色」ではなかったですね。
スポンサーリンク

正月飾りを片付ける時期は?

 元旦から七日までを「松の内」と言って、ここまでで正月飾りを取り外す地域があります。

 その一方で、十五日までを「小正月」と言って、この小正月の終わりの十五日までに片づける地域があります。

 関東が7日まで、関西は15日までという説もありますが、1月7日までに片づけるところが多いと思います。

 以前は成人の日が1月15日で、この日にどんど焼きがあり、それに合わせて片づけるというご家庭もありました。

 しかし、今は1月15日は成人の日ではなく、どんど焼きもその前に行われるところが多くなりました。やはり、1月7日に片づけるのいいですね。

 正月飾りの処分の仕方ですが、どんど焼きに出すのがいいです。

 ただし、スーパーで買ったお供え餅に関するものは分別してごみとして出すことで十分でしょう。

 しめ縄や神棚の前に飾った物についは、どんど焼きがいいですね。

 どんど焼きの日に合わせて持って行かなくても、たいてい、神社に収集場所があるので、事前に行って、そこに置いてくればOKです。

まとめ

 正月の飾りは12月28日を目途に行い、1月7日に片付けるのがベストです。

 誰もが新年を迎える際には、「今年は」「今年こそは」と決意し、心機一転、気持ちを引き締めて頑張ろうとしますよね。

 簡単でも正月飾りをして、良い1年を迎えたいですね。

コメント