大晦日の過ごし方 ひとりならどうする?

年末年始

 大晦日の過ごし方について考えていますか?

 ひとり暮らしの方は、どうしたらよいか考えている頃かもしれません。実家は遠いし、友達は帰省中だったり、もともといなかったり…それならひとりで何をするか、考えるしかありませんね。

 ここでは、大晦日の過ごし方でひとりの場合、どうするかをまとめています。一人暮らしの方は参考にしてください。

スポンサーリンク

大晦日の過ごし方 ひとりならどうする?

 1年の締めくくりである大晦日。日々の生活と何ら変わりなく過ごす方法もあるでしょうが、
やはり、日常の生活とは違った日にしたいところですね。

 そこでおすすめなのは以下の3つです。

  • テレビを見る
  • おせち料理を食べる
  • 起きたまま新年を迎える

 なんだぁ~!普通過ぎる!と思われたかもしれません。しかし、奇をてらうことなく、一般的とさえ思えるような過ごし方をするのがベストだと思います。

 以下、その理由も含めて書いていきます。

大晦日の過ごし方 ひとりでテレビ

 テレビなんか、普段からほとんど見ない、という方がいますよね。特に今は、若者のテレビ離れが話題になったりしますし、どの年齢層であれ、テレビどころではない日々を過ごしている方たちがいます。

 しかし…大晦日くらいはゆっくり見てみるのもいいと思います。CM,情報番組、お笑い、ドラマなど、どれを見ても何らかの形で大晦日や新年を感じられます。

 また、紅白歌合戦、笑ってはいけないなど、大晦日定番の番組もあります。

 レンタルビデオや、撮りためた番組があったりするかもしれませんが、ここはひとつ、お正月気分を味わう意味でもテレビの本放送を見るのがおすすめです。

 特に、歌番組に興味がない場合でも、「紅白歌合戦」は、大晦日であることが嫌が上でも感じられますよ。

スポンサーリンク

ひとりでもおせち料理

 おせち料理は大晦日、元日、どちらで食べるのか…という疑問はさておき、大晦日をひとりで過ごすなら料理はいつもより豪勢にしたいところ。

 今はコンビニでおせち料理が買えます。セブンイレブンも、セイコーマートも、それほど高価でなくても味、ボリューム、ともに満足できるものがあります。

 量的に、一人で十分食べ切れるものがあります。もちろんスーパーでもおせち料理は売っていますが、お手軽という点でコンビニがおすすめですね。

 また、年越しそばも欠かせません。

 ただし、これは普段食べているもので構いません。コンビニで売っている、お湯を入れるだけ、レンジで温めるだけのもので十分です。ひとりですからカップ麺でもいいですね。

起きたまま新年を迎える

 大晦日の過ごし方で、ひとりであっても欠かせないのが「起きたまま新年を迎えること」。いわゆるカウントダウンです。10、9…と数えないまでも、新年になる瞬間を起きて迎えたいところです。

 そして新年を迎えながら、「今年は、誰かと大晦日を過ごせますように」とひっそりと願うのもよいでしょう。

 まあ、そんなことは考えないにしても、「ゆく年くる年」「カウントダウン」などをテレビで見ながら一緒に新年を迎えたり、近くのお寺から除夜の鐘が聞こえるなら、静かにそれを聞いて新年を迎えて下さい。

 華やかな気持ちになったり、新たな気持ちになって気が引き締まったり、しみじみとした気持ちになったり…いずれかの気持ちになれるはずです。

※一人暮らしでも、正月飾りをするなら・・・

正月飾り いつからいつまでにする?片付けの時期と処分の仕方は?
クリスマスが終わると正月の準備…ツリーを片づけつつ、正月準備って大変ですね。一体、正月飾りはいつからいつまでにするのが良いのでしょう。 また、飾った後には片付けが必要ですが、その時期や、取り外した飾りはどうすればよいのでしょうか?

まとめ

 大晦日の過ごし方でひとりなら、

① テレビを見る
② おせち料理を食べる
③ 起きたまま新年を迎える

 この3つがおすすめですが、もしかしたら、子どもの頃から、このように過ごしてきませんでしたか?

 結婚して家族が出来たり、好きな人と二人で過ごしたりするようになると、相手に合わせて過ごし方を変えたり、変わらざるを得なかったりします。

 しかし、ひとりなら自由に過ごせます。

 1年の締めくくりであり大晦日は、子どもの頃のことを思い出して、このような過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。

コメント