オータムフェスト2019 札幌 おすすめの会場は?

おすすめの店

 札幌で行われるオータムフェスト2019のおすすめ会場について書いています。実際に行かれる際の参考にして下さい。

スポンサーリンク

オータフェスト2019 札幌のおすすめは?

 オータムフェスト2019の会場で、8丁目もおすすめしたい会場の一つです。

 8丁目会場には100を超える道内市町村の味とこだわりブースが集まります。そこは「ほっかいどう市場」と呼ばれるほどで、道内各地から、それぞれの地域の特産品が集まってきます。

 100を超えると言っても、24日間トータルでの話ですので、常時100を超えているわけではありません。

 24日間通期で出店している店と4つの期に分けた1期だけ出店している店があります。また、期の分け方も、他の会場と若干違っていますので気を付けてください。

 8丁目会場の開催期間は以下のようになっています。

  • 通 期 9月6日(金)~29日(日)24日間
  • 第1期 9月6日(金)~10日(火) 5日間
  • 第2期 9月13日(金)~17日(火)5日間
  • 第3期 9月20日(金)~24日(火)5日間
  • 第4期 9月26日(木)~29日(日)4日間

※営業時間は、全て10:00~20:30で、ラストオーダーは20:00です。

8丁目会場で特におすすめは?

 好みの問題はあるでしょうが、8丁目会場なら海産物をおすすめしたいです。中でも第1期に出店する「寿都町」がおすすめです。

 寿都町のブースは山下水産が出店しています。

 生炊きしらす佃煮、一夜干しほっけ開き、つぶ炭火焼きを始めとする海産物を買うことができます。

 特に生炊きしらす佃煮が美味しく、その秘訣は「硬くソフトに」炊くこと。これが独自の製法であり、伝統の生たき佃煮なのです。

 実演販売では、つぶ炭火焼き、たこの唐揚げが行われます。

 また、うに一夜漬けは、まさに「とろウマ」。見た目や食感から「うには苦手」と言う人もいますが、「うに一夜漬け」はおすすめしたい商品の一つです。

 他にも、お試し新商品・数量限定の「いかめし」、食べやすいカップに入った秋鮭とば、生たき海老佃煮、「よりどり3パック1000円」が行われています。

※よりどり3パック1000円

生たきしらす佃煮、生たきしらすくるみin佃煮、生たきわかさぎ佃煮、生姜くるみ、にしん甘露煮、菜の花にしん黒酢和え、たこふっくら煮、いか刺し明太から3つ選ぶことができます。

 大人気企画でもある「ほたて旨み焼きつかみどり」もあります。

 寿都、山下商店は第1期(9/6~9/10)の5日間ですので、間違えないようにして下さい。

まとめ

 札幌オータムフェストで、創成川公園や5丁目会場の他に、おすすめの会場、8丁目+寿都の店について紹介しました。

 秋の味覚を堪能できるオータムフェスト。24日間開催されますから、どこかで1日でも行ってみてはいかがでしょうか。

コメント