U18 ワールドカップ日本代表の結果 スーパーラウンドの予想

高校野球

 韓国で行われている第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップの結果や注目の選手、特にビッグ4の3人、奥川恭伸、佐々木朗希、西純矢の3名の活躍についてまとめています。

スポンサーリンク

U18 日本代表の結果

 第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ オープニングラウンドは8月30日から行われています。

第1戦 スペイン戦

2-4で日本の勝利

 日本の第1戦は8月30日にありました。

 対戦相手はスペイン。正直言って、初戦の相手としては組みやすい!まずは確実に1勝!なんて思っていました。しかし…なかなかそうはいかないものです。

 終わってみれば2-4、ヒットの数は、ともに6本ずつ。しかし、日本チームは、スペインの先発、J.ルナに、完璧と言っていいほど抑えられました。

 J.ルナは7回を投げてヒット2、三振3、四球4で自責点0.三者凡退、四球で塁に出ても後が続かず。7回に韮澤雄也のヒット、熊田任洋の四球で2アウトながらも1、2塁のチャンス。しかし、得点できませんでした。

 J.ルナの球数が89球とあったところでF.エレナンデスに後退しました。日本にとってはエレナンデスの方が組みやすかったのか、8回2アウトからの逆転。クリーンアップの3番韮沢雄也(埼玉・花咲徳栄)、4番石川昂弥(愛知・東邦)、5番遠藤 成(神奈川・東海大相模)連打は大きかった!

 J.ルナの手元で動く速球には対応できていなかっただけに、投手交代に救われた感がありますが…土壇場でたたみかける攻撃ができたことは、成果の一つですね、

第2戦 南アフリカ戦

19-0、6回コールで勝利。

 先攻の日本は、6回表までで15安打19得点。毎回安打の毎回得点。スペイン戦とは違って一方的な展開となりました。

 投げては、先発の浅田翔汰、林 優樹のリレーでノーヒットに抑えました。

第3戦 アメリカ戦

7-16、日本の勝利です!

 注目の先発は、近江高の林 優樹。2回を終わって1-1。1回表は、よく1点で抑えましたよね。

 そして、その裏、すぐに石川昂弥のタイムリーツーベースで同点に追いつくところは素晴らしいです!石川君は絶好調といっていいでしょう。

 その後も点の取り合いとなりました。アメリカの7安打7点に対して、日本は12安打16点の猛攻。投手陣は林、西、前、飯塚、宮城の継投で乗り切りました。

 好投手が集まっていますし、相手打線の目先を変える意味でも良い方法ですね。球数も、多くて45球ですから、次回登板も無理ではありません。毎回、うまくいくとは限りませんが、今後も考えられる作戦の一つですね。

第4戦 チャイニーズ・タイペイ戦

 チャイニーズ・タイペイに1-3で敗れました。

 何とも悔しい5回コールド負け(雨天のため)

 先制したのは日本。1回表、今大会では絶好調の石川がタイムリーヒットで1点先制。しかし、3回、先発の宮城が2安打を浴び、同点に。更に5回裏、熊田の2失策もあり、2点勝ち越されました。

 リリーフの西が後続を断ち、前日のピッチングができるか!と期待されたものの、雨が強まり中断、そして、そのまま試合終了に。

 もしも雨が降らなければ…と「もしもシリーズのように話をしても仕方がありません。

 まだスーパーラウンド進出の道を断たれたわけではないので、次の試合、パナマ戦にきっちり勝ってスーパーラウンド進出を決めてほしいですね。
 

第5戦 パナマ戦

 5-1で、日本が勝ちました。まるで、台湾戦とは逆に、日本が6回雨天コールドで勝利。

 この試合で勝てば、スーパーラウンド進出が決まる大事な一戦。注目の先発は西。今までのところ、奥川、佐々木に代わってエースとして活躍していますね。

 1回表、先頭のバッターから空振り三振を取りました。上々の立ち上がりです。結局は96球を投げて被安打4、奪三振7、雨天コールドとはいえ、見事な完投勝利です!

スーパーラウンドの予想や結果

カナダ戦

 5-1で日本代表が勝ちました。

 日本の先発は奥川恭伸。今大会、初先発です。7回。103球を投げて被安打2.うち、一本はホームランのため失点1(自責点1)となりますが、奪三振はなんと18。打者23人、21のアウトのうち18が三振ですから、まさに圧巻の投球でした。 

 一方、攻撃は5点取って、スコア上はいい感じですが…安打数はカナダの2に対して日本は3。3安打でホームランも長打もなく、5点を取っているのでいい場面でヒットが出たと言えます。しかし…カナダ投手陣は制球がみだれ、4投手で合計10個のフォアボール。デッドボールも1個ありました。そういう意味では助けられましたね。

 奥川の後、2番手は飯塚。2イニングをきっちり抑えました。

 これで、日本は2勝1敗。しかし、個人的にはちょっと疑問が残ります。韓国、オーストラリアに比べて、カナダは戦いやすい相手です。ここで、奥川が7イニングも投げなくてもよかったのではないでしょうか?結果論ですが、もう少し早めに代えてもよかった思います。

 まあ、これも、勝ったからこそ言えるのでしょうけどね。

 佐々木を除く他の投手は既に登板し、多少の疲労感はあるはずなので、ここは奥川に頑張ってもらい、他の投手を休ませる意味もあったのかもしれませんね。

 9月5日現在、日本、台湾、アメリカ、オーストラリアが2勝1敗で並んでいます。韓国は1勝2敗、カナダは0勝3敗。

 日本はやはり韓国、オーストラリアに勝つことが優勝への条件です。

 どちらかに負けて2敗になると、得失点差で、今のところはやや有利ですが、厳しい状況になることは確かです。

韓国戦

注目の選手、奥川、佐々木、西の活躍は

 奥川は、南アフリカ戦でまさかの代打起用(6回表)

 スーパーラウンドでは、ついに先発。18奪三振、ナイスピッチングでした。

 西は、南アフリカ戦、7番DHで起用され、5打数3安打、うち、ホームラン2本、8打点と猛打爆発。 アメリカ戦では3イニング投げて自責点2。最速145キロのストレート、130キロ後半フォークで三振を取るなど、まずまずのピッチングでした。

 佐々木は、まだ登板せず。しかし、9/2は、プルペンで投球開始。初登板の日も近いですね。

(以上、第3戦まで)

まとめ

 スペイン戦のあとは、「大丈夫か?」「外野の守備は厳しいのでは?」等々、不安の声が出ていました。

 しかし、優勝候補、宿敵ともいえるアメリカに勝って、オープニングラウンド3連勝です。

 若干、守備のミスは出ていますが、本来のポジションではないところを守ってることもあるので、仕方がないかなあ…なんて思います。しかし、少しのミスが失点につながる可能性はあります。不慣れで大変でしょうが、頑張ってほしいですね。

コメント