柿崎商店のメニュー 余市でおすすめの理由は?

おすすめの店

 柿崎商店のメニューを余市でおすすめする理由は、ズバリ!うに丼などの美味しい海鮮丼を比較的リーズナブルな価格で食べることができることです。

 では、その点について詳細に見ていきましょう。

スポンサーリンク

柿崎商店のメニュー

 柿崎商店のメニューは、うに丼、ほたて丼などの海鮮丼をはじめ、ホッケ焼き、イカ刺しなどの単品があります。また限定ですが、紅鮭定食もあります。

 丼物は、10種類ほどありますが、定食は1種類です。ただし、日によっても違いますし、ライスとほっけ焼き、ライスといか刺しを選べば、立派な定食の出来上がり。それにてっぽう汁(680円)は高価かもしれませんが、付け足すことも可能です。

余市でおすすめの理由は

 余市で柿崎商店をおすすめする理由は、味と価格のバランスが良く、リーズナブルと言っても良い価格設定にあります。

 「赤折りうに」は5000円と高価ですが、「赤カップうに」「白カップうに」は2000円台です。(赤:2680、白:2160円)味を考えれば、赤カップうに、白カップうにの2000円台は安いと言えます。

 ほたて丼の1000円、いくら丼の1280円なども、具の大きさや新鮮さ、味わいを考えると決して高くはありません。

※この写真のイクラは、トッピングで別注文しています。50gで490円のところ、100gトッピングしました。

柿崎商店の混み具合と駐車場は?

 柿崎商店に来る際、とても気になるのが混み具合と駐車場についてです。

 まず、混み具合ですが、休日は、基本、激混みです。朝、10時開店なのですが、たいてい9時には並び始めています。先日の海の日は、10時の時点で、2階入り口から階段に並んだ行列が、外にまではみ出していました。

 駐車場は完備ですが・・・お客さんの人数に対して狭いです。休日の場合は駐車場も混み合います。店横の狭いスペースはアスファルト舗装されていて、白線が引かれていますが、10台も止められません。

 店裏は舗装されていますが白線はなく、あまり広くはありません。メインスペースが1番広いのですが、舗装されていませんし、白線がないのをいいことに、結構、適当に止められています。

 ぴったりくっつけているため、「乗り降りできない」と文句の一つも言いたい気持ちになることもあります。また、隣の車がきちんと下げて止めないため、ハンドルを切るとこすってしまいそうで、すぐに出発できない、ということもありました。

 路上駐車もあって、狭い道路を慎重に運転しなければならないことが多々あります。結局は、お客さんのマナーの問題なのかもしれませんが、駐車場は広くしてほしいところです。

 私は9時から並ぶので駐車場が空いていますが、10時以降に来る方々は、運が良くないと注射しスペースがないのでは?と思います。

柿崎商店の基本情報

住所  〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7丁目25

まとめ

 小樽、余市、積丹方面でうに丼を食べられる店は多数ありますが、メニューの豊富さと味わい、そして値段のバランスが取れているのが柿崎商店です。

 お昼時を目がけていくと、休日は駐車スペースの問題や、並んで時間を待つといったことが予想されますが、並ぶだけの価値はあります。数人で行けば、交代で並びながら時々抜けて、1階の商店内で海産物を見るのも楽しいですよ。

 

コメント