甲子園 2019 夏の日程 出場校の予想と注目選手(北信越・東海)

高校野球

 夏の甲子園に向けて、各地方で熱戦が繰り広げられる時期になりました。ここでは、北信越、東海地方の代表校について、予想してみました。

スポンサーリンク

夏の甲子園2019 北信越地方の予想

新潟県~日本文理

 秋春連覇の日本文理が投打のバランスの良さで一歩リードしています。

 投手陣は、春の大会でエース・南が登板しなくても池田、安城、渡辺京らの継投で優勝。北信越大会は2回戦で敦賀気比に負けましたが、実力は十分。

 打では3番・長谷川、4番・中田が期待できます。特に長谷川は不動の3番でありながら、場合によっては投手として投げることができます。

◎日本文理に決定

長野県~東海大諏訪

 エースで右腕の横田、左腕・清水は変化球や制球力で勝負するタイプ。特に横田は春の大会で上田西を1点に抑えて完投しています。

 打線は強打者がそろっているわけではないですが、接戦を勝ち抜く粘り強さがあります。春優勝の勢いで、夏の予選を勝ち上がってくるのではないでしょうか。

◎飯山になりました。

富山県~高岡一

 春優勝の高岡一が優位と見ています。投手陣は層が厚く、力は拮抗している5人の投手がいます。エースは左腕の木村、そして酒井、佐伯、田中、中家と右腕4人。中家は外野手との兼任ですが、基本は継投策をとると思われるので、当番の機会は十分ありそうです。

◎高岡商になりました。

石川県~星稜

 県内25連勝中の星稜が圧倒的に優位。                           

 投手では153キロを投げる奥川が注目の的。春の県大会では、その奥川が投げなくても他の5人の投手で継投しながら、5試合の防御率が0.79でしたから驚きです。

 打撃は、春5試合で7発。切れ目のない打線は相手チームには脅威だと思います。

◎星稜に決定

福井県~福井工大福井

 秋春連覇、攻守ともに戦力がそろっている福井工大福井が一歩リード。投手陣では2年生エース、右腕・垣外中(かいとなか)の他、左腕の高木、右腕・市川がいます。打線は、春の大会で中軸打者を控えに回しても優勝しただけに、選手層の厚さがうかがえます。

◎敦賀気比になりました。

夏の甲子園2019 東海地方の予想

静岡県~浜松商

 春の県大会優勝、そして、地区大会準優勝の浜松商が優位。エース、右腕・湖東は制球力で勝負するタイプ。地区大会では決勝戦で津田学園(三重)に4-5xのサヨナラ負けを喫したが、一人で投げ切りました。

 打撃は攻撃力が高いが、注目したいのが中堅手・滝本。50m6秒0の俊足に加え、地区大会では3試合で13打数7安打、3打点。4番の福井も長打力があるだけに、浜松商がイチオシです。

◎静岡になりました。

愛知県~東邦

 センバツ優勝の東邦が勝ち上がってくるものと予想しています。春の大会は初戦(2回戦)で中部大一に1-5で敗戦。最も、その中部大一は優勝しているだけに、愛知県全体のレベルは高いと言えます。

 その中で、勝ち上がってくるのは容易ではないでしょうが、高校通算50発超の石川を中心に攻撃力は高いです。投手陣はエース・石川に左腕の植田、右腕・奥田がいます。全8試合、継投策をとりながらの戦いになるでしょうね。

2019.7.13追記

星城戦で‥10-3で、まさかの8回コールド負け!エースの石川投手は、7回13安打9失点と大乱調でした。

センバツでの投げ過ぎたのでしょうか?

優勝候補に推していた東邦でしたが、2回戦敗退‥もう一度、石川投手の熱投を甲子園で見たかったですね。

◎誉になりました。

岐阜県~中京学院大中京

 投手層の厚さで勝ち上がってくると予想しています。直球とスライダー武器の左腕・不後、長身から投げ下ろす速球勝負の右腕・元、192㎝右腕の赤塚、右下手投げの村田の、それぞれタイプが違う4投手が揃っています。

 打では、4番の捕手・藤田に期待がかかります。捕球から2塁まで1秒79、長打力がありながらも
配球を読んで打つ方向を決める技術もあります。

◎中京大中京に決定

三重県~津田学園

 春の大会で優勝、地区大会でも優勝。投打にバランスが取れ、一歩リードしていると言えます。
投手陣は、カーブやツーシームを投げる右腕・前、シンカーの降井、左腕・栄が安定しています。
打では足の速い選手もいるだけに、攻撃力が高いです。

◎津田学園に決定

北信越・東海の注目選手は

投手
 星稜  奥川恭伸
 菰野  岡林勇希

野手
 日本航空石川  西上光樹
 中京学院大中京 藤田健斗

 投手は星稜の奥川の復活が楽しみですが、菰野(三重)の岡林も注目選手です。最速151キロで、絶対的エースと信頼されている投手です。

 日本航空石川の西上は「打倒・奥川」を掲げる気迫あふれる打撃が魅力です、

まとめ

 愛知の東邦は雨で初戦中止。また、桜台と日進西の試合は桜台が0-7から一挙9得点で逆転した
にもかかわらず、4回終了時雨天ノーゲームになりました。

 天候などのコンディションの影響も受けながらのトーナメント戦は大変でしょうね。そんな中で、懸命に野球をする姿が、見る人に感動を与えてくれるのです。

 どのチームも頑張ってほしいですね。

コメント