甲子園 2019 夏の日程 出場校の予想と注目選手(北海道・東北編)

高校野球

 2019年の夏の甲子園に向けて一体、どのチームが出場を決めるのか、気になっている方が多いのではないでしょうか?

 まだ地方大会が始まってない地域もある中ですが、日程や49の代表校について予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

甲子園 2019 夏の日程

2019 夏の甲子園の日程は

  • 8月 3日(土) 組み合わせ抽選会
  • 8月 6日(火) 開幕 
  • 8月22日(木) 決勝予定

となっています。決勝は、雨天順延があるかどうかで変わります。

 天候がどう影響するのか…こればっかりはわかりませんが、選手にとっては順調に進んだほうが良いのでしょうね。

夏の甲子園 出場校の予想

北海道(北北海道)~旭川大高

 滝川西も強豪ですが、3本柱と言われている投手陣が安定感があることと、それぞれタイプが違うこと。打線も、昨年の夏のチームよりも強力であることから、旭川大高を1番手と予想しました。

 春の北海道大会は2回戦で敗退しましたが、相手は優勝した駒大苫小牧。その屈辱を晴らそうと、モチベーションは高いと思います。

◎旭川大高に決定

北海道(南北海道)~札幌大谷

 春季大会こそ1回戦で札幌一に惜敗。しかし、昨秋の明治神宮大会優勝、春のセンバツ出場の実績に加え、エース西原健太が右肩負傷から復活。打線も強力でチームとしての安定感はやはり1番と言えます。

 駒大苫小牧も投打のバランスが良く強敵だが、札幌大谷が一歩リードしているのでは。

◎北照になりました、

青森県~八戸学院光星

 青森と言えば、八戸学院光星、青森山田の2強のイメージがあるのですが、最近、力を伸ばしているのが春季大会で優勝した弘前学院聖愛。

 しかし、八戸学院光星が最有力候補。投手陣がやや安定感に欠けるのですが、センバツ出場の経験と強力打線を武器に、勝ち上がるのではないでしょうか。

◎八戸学院光星に決定

岩手県~大船渡

 これは、正直なところ予想と言うよりも、願い・期待の部類です。やはり佐々木朗希投手を甲子園で見たいからです。全国の高校野球ファンなら、誰もが思うことでしょうね。

 既に日本ハムファイターズがドラフト1位指名を明言。それと甲子園出場は別の話ですけどね…。チームとしての総合力で考えると、佐々木朗希ひとりで全試合投げ抜き、更に無得点、または最少失点で抑えなければ勝ち上がれない可能性があります。

 そう考えると、大船渡は厳しいのかなぁ。

◎花巻東になりました

大船渡、残念でしたが‥佐々木選手の起用法は、今後も議論になりそうですね。

秋田県~明桜

 春季大会優勝、東北大会は決勝戦で弘前学院聖愛に延長10回サヨナラ負けを喫するが、ここ数年、安定した成績を残しているだけに、夏の大会も最有力候補としました。

◎秋田中央になりました

山形県~鶴岡東

 山形では、鶴岡東、酒田南、羽黒、日大山形が4強と言われています。この中で、個人的には
日大山形を推したいところですが、鶴岡東が一歩リードしていると思います、

 春の東北大会で秋田の明桜に惜敗するも、1回戦盛岡大付には10-5で打ち勝ち、2回戦の青森山田には1-13で圧勝。投手陣も安定感があるだけに、予想1位は鶴岡東です。

◎鶴岡東になりました

宮城県~仙台育英

 宮城県で最有力は、やはり仙台育英でしょう。監督が「強みは投手陣」と言うほど安定感が抜群。エースの大栄は、昨年夏の甲子園を経験していますし、大栄含め6人の投手は春の大会で安定していただけに、今年の夏も、仙台育英が出てくるのではないでしょうか。

◎仙台育英に決定

福島県~聖光学院

 13年連続夏の甲子園出場を目指す聖光学院がモチベーションが高く、実力から言っても大本命。

 とは言え、春は県北の第1代表決定戦で福島商に1-6で敗退。福島大会では2回戦で東日本国際大昌平に2-6の敗退。夏の大会に連続出場しているものの、今年は安定感に欠けるだけに、他校にも十分、勝機があると思います。

◎聖光学院に決定。予想通りとは言え‥V13は快挙ですね!

2019 夏の甲子園 注目選手は

 北海道・東北地方で注目選手を挙げれば

投手
札幌大谷 西原健太
大船渡  佐々木朗希

野手
八戸学院光星 武岡龍世(遊撃手)
日大山形   渡部雅也(捕手)

 何と言っても、注目の的は佐々木朗希投手です。甲子園に行けるかどうかは別としても、「最後の夏」を納得のいく投球で戦い抜いてほしいですね。

 そして、これまた個人的な思いですが、ぜひファイターズに1位で入団してほしいものです!

※佐々木朗希については、こちらもご覧下さい。

大船渡高校 佐々木朗希投手に注目!ドラフトの目玉になる理由は?

まとめ

 2019 夏の甲子園出場校の予想について、北海道・東北地方の8校を挙げました。順当な予想もあれば、希望的な観測もありますが、これも高校野球ファンの過ごし方の一つだと思います。

 皆様も、それぞれ予想、期待があると思います。結果はどうなるか…今後の各校の戦いを見届けましょう。

コメント