プロテイン 女性にすすめる正しい飲み方 3つの条件と副作用

健康

 プロテイン女子という言葉が使われるほど、女性の間では空前のプロテインブーム。しかし、中には「間違った飲み方」をしていて、せっかくのプロテイン効果半減、それどころか、副作用の可能性がある飲み方をしている女性もいるようです。

 ここでは、プロテインの正しい飲み方について、2019.6.21に日本テレビ ZIP!で放送された内容を基にまとめてみました。

スポンサーリンク

プロテイン 女性にすすめる正しい飲み方 3つの条件

 プロテインを女性にすすめる正しい飲み方とは、次の3つです。

① バランスの良い食事と一緒に摂取する

② 1日の摂取量を考える

③ 運動後に取る

 この3つの条件を守らないと、せっかくのプロテインが台無しになってしまいます。

プロテインはバランスの良い食事と一緒に!

 プロテインはタンパク質を摂取するための、あくまでも栄養補助食品です。プロテインだけで、必要な栄養をしっかりと摂取できるわけではありません。バランスの良い食事と一緒に摂取してこそ、効果が高まります。

 野菜、肉などとともに取ってこそのプロテイン。特に野菜はしっかりと取るべきですね。

プロテインは1日の摂取量を考える

 プロテインには多くのタンパク質が含まれていますが、タンパク質の摂取量は1日50gと言われています。

 プロテインは1回につき20g以内で、3回に分けて摂取すると良いそうです。1回20g以内なら、3回飲んでもタンパク質の摂取量は50gを大きく超えることはありませんね。

プロテインは運動後に取る

 運動してからタンパク質を取ることが大事です。プロテインを飲むだけでは筋肉にはなりません。1時間筋トレをして、運動後の「ゴールデンタイム」と言われる30分以内にプロテインを飲むと効果的です。

 女性の場合、決して筋肉ムキムキ、筋肉マッチョを目指してはいないかもしれません。しかし、筋肉を増やすことで燃焼率が高まりダイエット効果が期待できるのですから、やはり適度な運動との組み合わせが大事です。

プロテインの副作用

 ZIP!でもありましたが、「夕飯の代わり」や「運動なしのプロテイン」は間違っています。プロテインは取り過ぎると肝臓に脂肪がつき、心臓にも負担を与えるそうです。気を付けてくださいね。

まとめ

 プロテインは「置き換えダイエット」になるわけではありません。また、プロテインだけで筋肉になるわけではありません。

1.バランスの良い食事とともに飲む
2.摂取量に気を付ける
3.運動後に飲む

 この3点に気を付けて正しく飲むことでプロテイン効果が発揮されます。

 最近は味が美味しくなり、チョコ味、スイーツ味、チーズケーキ味など飲みやすく、プロテイン入りスムージーやタピオカミルクティーなどもあるそうです。

 肌荒れしなくなったり、くびれができたりするなど、「神の粉」と呼ぶ女性もいます。カバンにプロテインを入れて持ち歩く、プロテイン女子が増えるのも頷けますね。

 正しいプロテインライフで、素敵なプロテイン女子を目指してください。

コメント