真駒内花火大会2019 出店や日程 アクセス方法 渋滞を避けるには?

花火大会

 真駒内花火大会2019まで、あと3週間ほどとなりました。ここで、出店や日程、アクセス方法、渋滞を避けるにはどうしたらよいかなど考えてみたいと思います。

 既にチケットを購入されている方はもちろん、穴場エリアから見学を考えている方にも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

真駒内花火大会2019 出店や日程

開催日時 

 2019年7月6日(土)

 雨天延期の場合 7月7日(日)

開催時刻 

 飲食店営業開始 12:00~
 スタジアム開場 17:00~
 花火打ち上げ  19:50~
 終演      ~20:50

 出店(飲食店)は席のチケットを購入できなかった方も、元々会場外の穴場スポットから見学予定の方も利用できます。

 各地域の名産食材や札幌飲食店のおすすめメニューなど、他のお祭りでは味わえない厳選メニューが揃っています。

 12時から始まっているので、こちらを利用してお祭り気分を味わうのもいいですね。

真駒内花火大会 会場図

 露天ストリート   スタジアムまでの道のりで露天が並んでいます。
 メイン飲食スペース スタジアム前。各地の名産食材を堪能できます。

真駒内花火大会2019 アクセス方法

 基本的には公共の交通機関の利用をお勧めします。無料駐車場はないので、自家用車の場合は近くの有料駐車場を利用することになります。

地下鉄

 南北線地下鉄真駒内駅下車。会場となる真駒内セキスイハイムスタジアムまでは徒歩30分。

シャトルバス

 南北線地下鉄真駒内駅から会場まで、片道210円でシャトルバスが運行しています。帰り道も同じく運行しています。

 路線バスなどもありますが、真駒内まで地下鉄利用が便利かと思います。

 地下鉄真駒内駅から会場までは、行くときは、のんびりと歩きながら街並みを楽しみ、帰りはシャトルバス利用がいいのではないでしょうか。

 会場付近の駐停車は一切できないこと、会場への車での送迎は絶対にご遠慮してほしいことが花火大会運営側から言われています。地下鉄やシャトルバスの利用が賢明です。

真駒内花火大会2019 渋滞を避けるには

 当日、会場近辺は相当な混雑が予想されています。渋滞を避けるには、早めに行動することしかないように思います。

 ただし、「アクセス方法」で書いたように、地下鉄を利用すれば渋滞に巻き込まれることはありません。シャトルバスは、交通量に影響されますが、地下鉄+徒歩なら渋滞を避けることができます。

 いずれにしても、少し早めに行動し、出店で飲食後、座席について花火開始を待つのがいいでしょうね。

h2>まとめ

 道内最大級の規模であり、花火の数は2万2先発。今年も「丸玉屋」「紅屋青木煙火店が打ち上げます。

 世界各地の音楽花火コンクールで活躍する「丸玉屋」、
 全国の花火競技会で内閣総理大臣賞を何度も受賞する「紅屋青木煙火店」

今からワクワクしてきますね。

 チケットを購入せず、会場外の穴場スポットから見学したい!という方は
真駒内花火大会 見学の穴場はどこ?無料駐車場はあるの?
も参考にしてください。

コメント