うに丼なら余市 うに乃世壱屋 メニューでおすすめは?

おすすめの店

 うに丼を食べるなら余市、中でも うに乃世壱屋がおすすめです。

 ここでは、うに乃世壱屋の様子やおすすめメニューについて書いています。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

うに丼なら余市 うに乃世壱屋

 うに丼を余市で食べるなら、ぜひ「うに乃世壱屋」に行って見てはいかがでしょう!

 札幌近郊でうに丼を食べるなら、小樽方面。なかでも、余市は小樽からそう遠くはなく、店を選べば、新鮮でおいしいうに丼が食べられます。

 積丹まで足を伸ばせば、もちろん美味しいうに丼を食べることができます。しかし、そこまでいかなくても、余市でも十分に美味しく食べられます。

 なかでも、おすすめが うに乃世壱屋(うにの よいちや)

 ぱっと見、海鮮の店には見えない店構え。1階はカウンターのみ、店員さんたちはロゴ入りTシャツ姿。ラーメン屋のような雰囲気が無きにしも非ず。

 しかし、れっきとした海鮮(うに丼)の店。

 「余市のうにを世界壱の名産品にしたい!」そんな想いから、この店を立ち上げたそうです。

2018年9月6日北海道胆振東部地震を機に?地元余市をもっと元気にしたい、たくさんの方に余市に来て欲しい想いから店舗をオープンしました。

うに乃 世壱屋ホームページより

 熱い想いがこもった店なのです。

うに乃世壱屋 メニューでおすすめは?

うに乃世壱屋 メニューでおすすめは、

「うに食べ比べ丼」

 国内五大うに食べ比べと、余市産うに食べ比べがあります。

 国内五大うに食べ比べ丼の方が人気のようですが、個人的には

「余市産うに食べ比べ丼」

がおすすめです。

 余市産ムラサキうにとバフンうにの生とあぶりを食べ比べます。他に、余市産の甘えびも!値段は税込みで6000円!

 6000円も払ってうに丼を食べるのか…これは判断が分かれるところですが、美味しいことは確かです。

 ご飯の量は、決して大盛りではありませんが、うにが多くのっているのでボリュームは十分です。

 また、一緒についてくるかにの味噌汁が、なかなかの味。塩分は控えめなのか薄味ですが、かにのダシはしっかり出ています。

 独自製法にこだわった”半生うに弁”も好評のようですが、まだ試したことはありません。

 値は張りますが、おすすめは、やはり「ウニの食べ比べ丼」です。

白ウニの定食(税込み3500円)。これはこれで、贅沢な食べ方。世壱屋では、酢飯をおすすめしていますが、もちろん白米も選べます。

うに乃世壱屋 基本情報

うに乃 世壱屋
住所:〒046-0004 北海道余市郡余市町大川町7丁目29-4

電話:0135-48-5652

営業時間:10:00~15:00
※営業期間は4月18日~9月30日 ものがなくなり次第終了です。

定休日:不定休
※10月1日~3月31日まで冬期休業 

駐車場
 店の前に3台、横に4台分の駐車場有

 10時前には駐車場は満車。入り口前にお客さんが並んでいました。車を路上に停めてとりあえず注文。席が空くと電話してくれます。

 次々と車が来ますが、店側に寄せて停めるのが鉄則。既に駐車されている車の前で待ち、お客さんが帰る時によけるなど、お互いに譲り合うことが必要で、駐車場に停めれるかどうかは、基本的にはタイミング。

 しかし、店員さんが親切に声をかけてくれたりするので、おそらくトラブルにはならないと思います。

 近くにセブンイレブンや海産物の店の駐車場がありますが、マナー上、そちらは利用しないほうがいいでしょうね。

 店は、2階もありますが、基本的には1階カウンター席のようです。そのため、長居するお客さんはいないようで、回転は悪くないです。

 駐車場が空いていなければ、とりあえず電話番号を店員さんに伝え、車の中で待って空いたら停める。

 電話で呼ばれたときに空かなければ、既に止めてある車の前に寄せて停め、お客さんが帰るときに車を移動する、ということもできるそうです。

 店員さんに相談すれば、そのようなことを言ってただけると思います。
※時間とタイミングによっては、対応してもらえないのかもしれません。しかし、この前に行ったときは、休日で混んでいましたが、親切に対応してくれました。

まとめ

 うに丼を余市で食べるなら、うに乃世壱屋

 うにの食べ比べ丼がおすすめとはいえ、6000円と値が張ります。

 他にもメニューはありますので、予算に合わせるのも手ですが、チャンスがあれば…ぜひ、うに乃世壱屋のうに丼をお試しください。

コメント