アルダブラ環礁(セーシェル)とは?場所は?どんなところ?

テレビ

 アルダブラ環礁(セーシェル)とは、場所はどこなのでしょう?また、どんなところなのでしょうか。

 TBS系列で放送される「世界遺産」で2週に渡って特集されますが、その前に調べてみました。

スポンサーリンク

アルダブラ環礁(セーシェル)とは?

 アルダブラ環礁はセーシェル共和国にあります。“インド洋のガラパゴス”と呼ばれる秘境であり、1982年には世界遺産に登録されています。

 環礁とは大洋中に発達してできる、環の形をしたサンゴ礁のことです。アルダブラ環礁も、サンゴ礁が隆起して出来た島です。

  • 研究者しか住んでいない
  • 巨大なリング状の島
  • 不思議な岩が点々としている
  • たどりつくのが最も困難
  • ゾウガメが15万頭

 こんな特徴を並べただけでも「秘境」であることがわかりますね。

アルダブラ環礁(セーシェル)の場所は?

 アルダブラ環礁は、セーシェル共和国にあります。

 セーシェル共和国は、アフリカ大陸から約1300㎞離れた東側のインド洋に浮かぶ大小115の島々からなる国です。

 アルダブラ環礁はマダガスカルの北端からは約430km北西で、セーシェルの中心島マエからは南西1150kmのところにあります。

アルダブラ環礁はどんなところ?

 アルダブラ環礁は、厳格な保護規制下にあり、住んでいる人は研究者のみ。それだけ人の手が加えられていないことになり、荒らされることもなく自然が保たれています。

 その代表格が15万頭以上もいるソウガメです。ゾウガメの他には

  • アオウミガメ
  • タイマイ
  • クロトキ
  • グンカンドリ

といった生物が生息しています。

ゾウガメ

アルダブラ環礁はどうやって行くの

 セーシェル共和国の首都ヴィクトリア(マヘ島)からチャーター船で行くことができます。ただし・・・

 許可なしで上陸はできません。また、許可が必ず下りるとは限りません。ツアーが組まれることがあっても、日本人の旅行者は少ないようです。

 日本からセーシェル直行便はないため、ドバイなどを経由しなければなりません。

 日本~ドバイは11時間のフライト時間で、旅行する日本人も多いですが、そこから4時間30分かけてセーシェル共和国まで行く人は少ないです。

 さらに、アルダブラ環礁まで…となると、そうそう行こうとは考えないでしょうね。

 アルダブラでのツアーがあったとしても、環礁周辺を船で周遊する程度。

 そういう意味でも秘境と言えますね。

まとめ

 TBS世界遺産で、アルダブラ環礁が紹介されます。

 世界で最もたどり着くのが困難と言われる秘境ですし、ナレーターは女優の杏さん。

 担当のディレクターさんは、巨大台風が2回も来たためチャーター機が飛べず1週間がかりでようやく行けたそうです。

 民法初取材でもあるので、必見ですね。

コメント