サビオとは 方言ではないの?復活するのはなぜ、いつから?

おすすめの品

 「サビオ」と聞いてなにを思い浮かべるでしょうか?ほとんどの地域の方はわからないかもしれませんね。

 実は、北海道で親しまれていたサビオが復活します。

 サビオとは何なのか、なぜ復活するのかについてまとめました。

スポンサーリンク

サビオとは

 サビオとは、絆創膏のブランドです。

 かたかた表記からもわかるように、元々は外国のブランドでした。北欧、スウェーデンのセデロース社の絆創膏だったのです。

 セデロース社が日本に進出したのが1963年。今から50年以上も前のことです。

 サビオは、ライオンによって全国販売されたものの、2002年には販売終了となりました。

サビオって方言ではないの?

 サビオって方言だと思っている方がいらっしゃいますが、上記のようにセデロース社の絆創膏ブランドです。もともとは、方言でも何でもありません。

 では、なぜ方言だと思われたのでしょうか?

 地域によっては、「絆創膏=サビオ」だと思われ、

「絆創膏を下さい」と言わずに、「サビオ下さい」と言っていたのです。

 その代表格が、北海道です。

 私も子供の頃、絆創膏=サビオだと思っていました。確かにサビオは絆創膏に違いないのですが、数あるブランドのうちの一つに過ぎないのです。

  • バンドエイド
  • ラビンエイド
  • カットバン

と同じように、商標名なのです。

 しかし、北海道では、絆創膏と言わずに、子供の頃からサビオと言っていました。

 もちろん、北海道の人、全員がそう言っていたわけではないでしょうし、今の若い人たち、少なくとも2002年以降に生まれた人は、

サビオってなに?

と思うでしょうね。

 なぜ、北海道では「サビオ」が根付いたのかわかりません。しかし、北海道で長く親しまれた絆創膏が「サビオ」だったのです。

 「サビオちょうだい」と言って通じるのが北海道だけ。他の地域の人々は「サビオってなに?」と疑問に思ってしまう…という意味では「方言」だと思われても仕方がないかもしれませんね。

※新潟県佐渡島、和歌山県、広島県でも、絆創膏をサビオと言う人が多いそうです。

スポンサーリンク

サビオが復活するのはなぜ、いつから?

 販売が終了して約18年、サビオがついに復活します。

  • 柔らか素材で快適
  • 防水性のあるテープで便利
  • 薬剤付パッドで消毒・保護され安心

 このような、北海道の人たちが絆創膏を選ぶ際のポイントを取り入れ、新しくなったサビオが4月から北海道で販売されます。

 なぜ、復活するのか・・・それは、北海道民に長きにわたって親しまれてきたからです。

 未だに、絆創膏のことを「サビオ」と言ってしまう人々にとって、懐かしい以外の何物でもありません。

 まして、快適・便利・安心であれば、なおさら買いたくなりますね。

 確かに、絆創膏は色々と発売されています。しかし防水性に優れず、濡れたらすぐにはがれてきたり、パッドがただのガーゼ?と感じるものもあったりします。

 中には、皮膚が弱いのか、絆創膏でかゆくなる人がいます。

 しかし、昔から「サビオ」はそうではなかったように思います。

 北海道民の心をつかんだブランド、サビオが進化して復活。きっとヒット商品になるでしょうね。

まとめ

 サビオが復活するのは4月からです。
 まだ、4月の何日発売かわかりませんが、確実に販売されるものと思います。

 日常的に、ちょっとした怪我で使う絆創膏。北海道では、今でも「絆創膏と言えばサビオ」という方が多数いるはずです。復活が待ち遠しいですね。

コメント