休校 北海道や札幌ではいつからいつまで?学習はどうなる?

ニュース

 北海道では新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、ついには「全国で休校を」という要請まで出ました。

 既に休校している北海道は、いつからいつまでが休校になるのでしょうか?

 また、休校が続いた場合、子どもたちの学習はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

休校 北海道や札幌ではいつからいつまで?

 安倍総理が、全国の小・中学校、高校、特別支援学校で3月2日から春休みまで、一斉に休校を要請したことから、いろいろなところで「休校」が話題になっていますね。

 北海道、そして札幌市の場合、鈴木直道北海道知事の要請を受け、既に休校になっています。

札幌市を除く北海道全域で
2月27日(木)~3月4日(水)まで

札幌市は
2月28日(金)~3月6日(土)まで

この期間、小・中学校が休校です。

 札幌市は、最初、働く保護者のことを考えると休校は現実的ではないと否定的な見解でしたが、知事の要請よりも1日送らせることが「準備期間」と考えたようで、2月28日から休校となりました。

 「現実的ではない」という前言撤回のようにも感じたのですが・・・あくまでも、知事の要請後、すぐの休校は現実的ではないとの判断であって、休校そのものを否定したわけではなかったようです。

 こうして、北海道は先手を打って、休校措置をとっていたところ、安倍総理からの要請が加わりました。

 ここで、問題となるのが、北海道は休校を延長するのかどうかです。

 まだ、正式には発表されていないのですが、報道では、札幌市が総理の要請通りの期間、つまり、春休み前までの休校を決めたようです。他の市町村はどうするのか…

 北海道教育委員会は、総理の要請通りの期間で考えているので、春休みまでの休校となるのではないでしょうか?

 文部科学大臣から「地域の実情に応じて工夫を」とか、「休校しないという選択もある」といった発言があるので、必ずしも春休みまでとは限りません。しかし、

  • 北海道の感染増加が止まらないことと
  • 知事から「緊急事態宣言」が出されたこと
  • 3月19日までみんなで取り組む期間とされたこと

から考えると、おそらく休校も延長されます。

 春休みまでとはならない地域があったとしても、3月19日までは休校になると思うのですが…

※2020.3.2追記

 札幌は3月13日(金)まで、札幌近郊で言えば、石狩、江別、北広島は春休み前まで休校が延長されました。

 また、大都市では、旭川、函館も春休み前まで休校延長です。

 この場合、「春休みまで」とは、地域によって3月24日だったり、3月25日だったりしますが、要するに、春休みが始まる前日(つまり、本来修了式があるはずだった日)まで休校です。

※2020.3.6追記

 札幌市以外は、ほとんどが春休みまで休校ですが、札幌市は依然として13日(金)まで休校し16日から登校予定になっています。そのため、分散登校は行わないとのことです。

※2020.3.9追記

 札幌市も、春休みまで休校延長しました。また、卒業式も「保護者のみ」とすることも併せて発表しました。最初から、要請通りに、他市町村を同じく「春休みまで」とできなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

学習はどうなる?

 休校が延長され、3月19日、または春休みまでなった場合、問題の一つが、子どもたちの学習です。

※子を持つ親は、仕事のことが一番問題かもしれませんね。            ニュースでは「休校ショック」という言葉で表していました。

 文部科学大臣の話によると

学校では標準学習時間があるが、臨休などに備えて、多めに学習することにしている。
その予備の時間があるから、休校も可能になる

 また、文部科学省のホームページには、足りない部分は家庭学習で補うことや、次の学年で補修的に行うことも可能であることなどが書かれています。

 素人には、そのようなことで十分なのかよくはわかりませんが、要するに、今回の休校措置で不利益を被ることはないということなのでしょうね。

 ただ、単純に考えて、2月末で休校に入ったことになるので、学習していない事項が少しはあるのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

 子ども一人の力で、家庭学習で補えるものなのか、次の学年に進級してから補修的に行うと、本来の学習(進級後の学年の学習)が進まなくなるのではないか、ということが心配になります。「余計なお世話」で終わるといいのですが。

まとめ

 過去に例がない、全道での休校措置どころか、全国での休校になりそうな気配です。

 既に、春休みまでの休校を決定した県があります。全体の何割が同様の措置になるのか、現段階ではわかりませんが、非常事態になりつつあることは確かです。

※2020.3.4追記

全国で、公立小の98%、中高の99%が休校措置を取っているそうです。期間には違いがありますが、北海道は要請通り「春休みまで」が多くなっています。

 中には、「日本全体での休校はオリンピックのために、しっかりと感染拡大に対して取り組んでいる姿勢を見せるためだ」という批判もあります。

 その真実はわかりませんが、少しでも収束すること願わずにはいられません。

 鈴木知事は、「やれることはすべてやる」と話していました。高校も含めた一斉の休校措置も、
その一つとして捉えるべきなのかもしれませんね。

 北海道教育委員会は、正式に文書で、総理の要請通りの内容を、各市町村教育委員会に要請していますね(HPで見ることができます)

 決めるのは市町村教育委員会ですが、総理、知事、道教委からの要請ですから…春休み前での休校となりそうです。

※2020.2.29追記

 北海道の感染拡大は今日も止まらず…70人に達しました。万が一、子どもに感染し、その子が発症前に登校していたとするなら、濃厚接触する子供たちは、あっという間に感染…と考えると、仕方がない措置なのか…安倍総理は一斉休校に関して「断腸の思い」と話していましたね。その真意は別としても、少なくとも北海道には有効なのかもしれません。

※2020.3.1追記

 鈴木知事から「分散登校」という話が出てきていますね。日にちを分けて、学年ごとに登校させて、子どもたちの様子を見るということのようです。学校や保護者の要望への配慮ということなのですが…知事も大変なのでしょうが、学校も、子どもも、保護者もみんな大変ですね。

※2020.3.5追記

 知事の会見によると、来週から分散登校が始まるそうです。少ない人数に分かれて登校するそうです。校内は先生方がきれいに消毒するらしいですが…休校中の登校で、感染が拡大しないことを願います。

※2020.3.7追記

 分散登校は、賛否両論、色々ですね。「感染防止のための休校なのに、なぜ登校させる?」「児童の健康観察が目的なら電話でいいのでは?」いずれも、もっともだなあと思ってしまいます。「うちは分散登校させません!」と言い切っている方もいますね。ちなみに、札幌の小学校は電話で様子を聞いているそうです。(全ての学校ではないのかもしれませんが)

※新学期、入学式はいつも通りできるのでしょうか?

コメント