冨沢ノボルの経歴 インスタには一流アーティスト 人間力が魅力か

テレビ

 日本を代表するヘアメイクアーティスト、冨沢ノボルさんがTBS系列の「BACKSTAGE」に登場します。

 その前に、冨沢さんの経歴や、関わった作品について簡単にまとめました。

スポンサーリンク

冨沢ノボルの経歴

 令和2年2月23日(日)のBACKSTAGEでは、冨沢ノボルさんが紹介されます。ここで、冨沢さんの経歴を簡単にまとめておきます。

冨沢ノボル

  • 本名:冨澤 升
  • 生まれ:1967年3月31日
  • 群馬県桐生市出身
  • 東京マックス美容専門学校卒業
  • 18歳でヘアメイクの世界へ

現在は

  • ヘアメイクアーティスト
  • ビューティーディレクター
  • メイクアップアーティスト

 1992年、フリーランスのヘアメイクとして活動開始後、ニューヨークでの経験を経て、ファッション雑誌、広告、TVCM、CDジャケット、PV、コレクション、映画、舞台などのヘアメイクのディレクション、メイクデザインなどで活躍しています。

 ブレイクのきっかけとなったのが、あの沢尻エリカ主演の映画ヘルタースケルターです。

スポンサーリンク

冨沢ノボル インスタには一流アーティスト

 冨沢ノボルさんのインスタには一流アーティストとの写真が多く掲載されています。

 女優のりょう、渡辺直美などをヘアメイクし、一流アーティストが手掛けるミュージックビデオやCDジャケット、CMなどの作品を支える、縁の下の力持ち的な存在です。

 参加作品や関わったアーティストは実に多彩。雑誌やテレビCM、CD、映画など、関わった作品やアーティストは多数あります。その中で、個人的に注目したのが映画

  • ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- (2010年)
  • 忍たま乱太郎 (2011年)
  • 逆転裁判 (2012年)
  • ヘルタースケルター (2012年)
  • テラフォーマーズ (2016年)

 漫画が原作だったり、ゲーム作品の映画化であったり。コアなファンがいる作品ですよね。

 個人的には哀川翔が主演のゼブラーマン、ゲームにはまった逆転裁判が好きでしたね。

逆転裁判の主人公、成歩堂 龍一(なるほどう りゅういち)を演じたのは 成宮寛貴

ヘルタースケルターの主演は 沢尻エリカ

映画以外の部分で話題になった二人ですね。

冨沢ノボル 人間力が魅力か

 デザイナーの山本寛斎、写真家で映画監督の蜷川実花は、ヘアメイクアーティストとしての技術だけでなく、冨沢さんの「人間力」を評価しているそうです。では、ここでいう「人間力」とは、どのようなものなのでしょうか。

 「時間がかかりすぎる」にも関わらず、一流アーティストたちが冨沢さんを起用し続けるのは、
技術があることが一番なのでしょうが、きっと「人間力」も関わっているのだと思います。

 人としての魅力、一流アーティストをも惹きつける魅力がある方なのでしょうね。

 「人間力」の秘密はBACKSTAGEで明らかになると思います。

まとめ

 番組内では、22歳のモデルを16歳の少女に変えるヘアメイク術を披露するようです。

 私たちは、普段、完全にメイクアップされた姿をテレビや映画、雑誌などで見ているので、その裏側や、完成されるまでの過程を少しでも見られるのは楽しみですね。

 CDジャケットでは栗山千明の作品に参加していますが、栗山千明って女優業だけでなく、CDも出していたことにビックリ!全然、知りませんでした…。

コメント