第92回 センバツ2020 出場校決定 注目の選手は?

高校野球

 第92回センバツ高校野球の出場校は令和2年1月24日(金)に決定します。21世紀枠も含めた全32校、どこが選ばれたのでしょうか?

 また、出場校の中で注目の選手は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

第92回 センバツ2020 出場校

北海道(1校) 

  • 白樺学園

東北 (2校) 

  • 仙台育英(宮城)
  • 鶴岡東(山形)

関東・東京(6校)

  • 健大高崎(群馬)
  • 山梨学院(山梨)
  • 桐生第一(群馬)
  • 東海大相模(神奈川)
  • 国士館(東京都)
  • 花咲徳栄(埼玉)

北信越(2校)

  • 星稜(石川)
  • 日本航空石川(石川)

東海(2校)+(1校~神宮枠)

  • 中京大中京(愛知)
  • 県岐阜商(岐阜)
  • 加藤学園(静岡)

近畿(6校)

  • 智弁学園(奈良) 
  • 大阪桐蔭(大阪) 
  • 天理(奈良)
  • 履正社(大阪) 
  • 智弁和歌山(和歌山)

中国・四国(5校)

  • 倉敷商業(岡山) 
  • 鳥取城北(鳥取) 
  • 明徳義塾(高知)
  • 尽誠学園(香川) 
  • 広島新庄(広島)

九州(4校) 

  • 明豊(大分)
  • 大分商(大分)
  • 創成館(長崎)
  • 鹿児島城西(鹿児島)

21世紀枠

  • 帯広農(北海道)
  • 磐城(福島)
  • 平田(島根)

センバツ2020 注目の選手は?

センバツ高校野球2020 日程はいつ? 出場校の予想 21世紀枠は?

で書いた予想校の中から注目選手を選んでいます。予想が外れて出場しなかった場合は、修正します。

投手

中森俊介(なかもり しゅんすけ):明石商

 1年夏から3季連続で出場しているので、大舞台での経験は十分。甲子園で最速151キロを計測。

甲子園での成績は

  • 8試合で53回と1/3を投げ
  • 5勝3敗 防御率は2.53

 特に2年の春、夏は、いずれも準決勝で登板。
 春は東邦、夏は履正社と優勝校と対戦しているだけに、十分に経験を積んでいます。

 2020年ドラフトでも高校生投手の中では注目度ナンバー1に違いありません。

 秋季大会はやや不調だったようにも思いますが、センバツ2020では、きっちりと仕上げてくるでしょうね。

岩崎峻典(いわさき しゅんすけ):履正社

 昨年夏の甲子園で登板し、最速145キロをマーク。

 大会前は、同じ2年生でも中森に比べて注目度は低かったのですが、準決勝で1失点完投。決勝戦でもリリーフし、胴上げ投手になるなど甲子園で頭角を現したと言えます。

 甲子園での成績は

  • 4試合、18回1/3を投げ
  • 2勝0敗  防御率は1.96

 第92回選抜でも好投が期待されます。

髙橋宏斗(たかはし ひろと):愛知中京大中京

 昨秋の神宮大会で優勝し、一躍、頭角を現しました。

 速球派で自己最速は神宮での148キロ。特に素晴らしかったのが明徳義塾戦。毎回10奪三振7回4安打で0点に抑える好投。

 183㎝の長身から投げ下ろす、伸びのある速球。甲子園でもぜひ見たいですね。

 本人は155キロを目標にしているそうなので、ひょっとしたら甲子園で150キロ超があるかもしれません!

内山壮真(うちやま そうま):星稜

 1年夏から3季連続で甲子園出場。遊撃手としての出場でしたが、現チームでは正捕手。

 もともとは捕手。1年秋から4番で、2年夏の甲子園準々決勝では2打席連続本塁打。

  • 甲子園通算は10試合に出場
  • 39打数12安打、本塁打2本、打点5、打率は.308。

 センバツでも力強いバッティングが見られそうです。

まとめ

 センバツ2020の入場行進曲は「パプリカ」に決まり、あとは出場校の決定を待つのみ。

 21世紀枠3校も含めて、どこが選ばれるのか、予想は当たるのか、とても楽しみです。

 また、注目選手は、ここでは投手3名、打者1名を挙げましたが、きっとセンバツをきっかけに、一気に注目される選手が現れることと思います。

 本当に楽しみですね!

コメント