すすきので温泉日帰り入浴ならジャスマックがおすすめ

温泉

 札幌に来たついでに温泉に日帰り入浴したい! ということであれば、ぜひおすすめしたいのがジャスマックプラザホテル の温泉「湯香郷(とうかきょう)」です。

 では、なぜジャスマックの湯香郷をおすすめするのか、その理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

すすきので温泉日帰り入浴ならジャスマックがおすすめ

 すすきのは、札幌駅から少し離れているとはいえ、地下鉄、地下歩行空間等を利用すれば、すぐに行くことができます。駐車場も多いので、すすきのなら車で行っても問題ありません。

 札幌市内の温泉で、個人的にイチオシはジャスマック、湯香郷です。

天然温泉

 札幌市内にはいくつか天然温泉がありますが、湯香郷は、もちろん天然温泉です。

 地下800mから湧出する湯が心も体も温かくしてくれます。泉質はナトリウム・塩化物(弱初食塩泉)です。効能は下にある通りです。

 入っていると実に心地よい湯です。 「ヌルっ」とした感じではなく、ぱっと見は普通の沸かし湯に見えますが、身体に絡みつく感じさえもするお湯です。

効能
 神経痛、筋肉痛、関節痛・五十肩・疲労回復・健康増進・慢性皮膚病

ゆったりとした作り

内風呂

 中は、ものすごく広いわけではありません。しかし、内風呂はかなり大きく、混みあっているときでも問題なく入れます。もちろん、足を伸ばしてもOKです。

 浴槽の奥(壁側)は、底上げされていて、体を伸ばして入るように(寝湯と言ってよいでしょう)作られています。

 湯の温度は左右で設定が変えてあり、熱い方は42℃。低い方で41.7℃ほどです。好みに応じて入れます。

露天風呂

 露天風呂もあります。檜で作られた浴槽、そして壁側では常にお湯が流れていて、まるで、静かに川が流れているかのような音色です。

 テレビこそありませんが、すすきのとは思えない、落ち着いた空間であり、実に心地よいです。檜風呂のせいなのか、お湯の色合いや手触りは、内風呂と少し違うように感じます。お湯が流れる音と、BGMがマッチしていて、大人のための温泉です。(もちろん、大人専用ではありません。子どもも入っています。

 露天風呂の温度は42.2でやや高めですが、露天なのでそれほど熱く感じません。結構、長めに入っていられます。

 上がった後は、休憩ラウンジやお食事処でまったりと過ごすことができます。休憩ラウンジでは飲み物を注文できます(有料)が、何も注文せずにリクライニングシートに座って休むこともできます。冷たい水を持ってきてくれるのが嬉しい配慮です。

充実したアメニティ

 アメニティは充実していて、必要にして十分です。シャンプーやコンディショナー、カミソリ、歯ブラシなど完備。入るときには浴衣も貸してもらえます。

 特にありがたいのがタオル使い放題。バスタオルもファイスタオルも、何枚でも使えます。行ったん上がっても、湯香郷から出なければ何度でも入浴できるだけに、タオル使い放題は、本当に助かります。

大変残念なことに、緊急事態宣言が解除され6月に再開してからは、タオルは使い放題ではなくなりました。一人1枚で、更にほしければ有料に…確か、「感染防止対策」が理由だったと思うのですが、おそらく、経費削減なのでしょう…仕方がないこととは言え、不便になりました・・・。

親切なスタッフさんたち

 何名かスタッフがいて、細目に働いていらっしゃいます。 温度のチェック、サウナタオルの交換、浴室内の椅子や桶の簡単な清掃や整頓、シャンプー類のチェックなど、細やかな配慮があります。

 いつだったか、お年寄りが具合悪そうにしていた時は、 数名のスタッフが駆け寄ってきて心配そうに声をかけ、介抱していました。

 他の温泉やスーパー銭湯で、これだけ常時スタッフさんたちが働いているところはないように思います。ついでに言えば、受付のお姉さんたちは、和服姿で優しく迎え入れてくれます。

ここが残念

 唯一残念なのが値段。通常料金で入ると2700円です。都会の天然温泉なので仕方がないのかもしれませんが、高めですよね。

 でも、26日(風呂の日)に入れば半額券がもらえますし、会員になれば、時々、1080円で入れるはがきが来ることもあります。

 回数券も販売されているので、そういったサービスを利用して入れば2700円も払わなくですみます。

まとめ

 札幌市内で、定山渓まで行かなくても温泉を楽しむことができるのがジャスマックプラザ、湯香郷です。

 心地の良いお湯、充実したアメニティやスタッフさんたちの配慮など、決して安くはありませんが、札幌中心部とは思えないほどの落ち着いた空間を堪能できます。

 ぜひ、行ってみてはいかがでしょうか。

コメント