ドラえもん0巻とは ドラえもんファンなら必見の理由や感想

おすすめ

 ドラえもん0巻が発売され、大ヒットとなっています。いったい、ドラえもん0巻とは、どのようなものなのでしょうか。

 ここでは、ドラえもんファンなら必見の理由や感想などを書いています。

スポンサーリンク

ドラえもん0巻とは

 ドラえもん0巻とは、23年ぶりの新刊です。新刊と言っても、もともと存在していた第1話を集めたものです。

 しかし…その第1話が6種類もあったことはご存知だったでしょうか?

 ドラえもん第1話は、1969年に発表されました。その時は、小学館の6種類の雑誌に発表されました。未就学児、幼稚園、小学校1年生~4年生が対象だったため、それぞれの発達段階に合わせて第1話を変えていたそうです。

 その6種類の第1話を全て集めたものが、今回発売される「ドラえもん0巻」なのです。

 第1話6種類は、ほぼ当時のまま。カラーページについてもそのまま再現して、6種類を読み比べできるのですから、発売と同時に重版するほどの人気であることがわかります。

0巻の中味は以下のようになっています。
※全て第1話です。カッコ内は雑誌名

  • ドラえもんあげる(よいこ)
  • ドラえもんがやってきた(幼稚園)
  • ドラえもん登場!(小学一年生)
  • 未来から来たドラえもん(小学二年生)
  • 机からとび出したドラえもん(小学三年生)
  • 未来の国からはるばると(小学四年生)

その他、以下のような内容も収録されています。

  • 愛妻ジャイ子(小学三年生の第2話)
  • ハイキングに出かけよう(小学五年生の第1話)
  • 予告
  • ドラえもん誕生
  • ドラえもん誕生背景/各話解説
  • 「ドラえもん」1~45巻一覧
スポンサーリンク

0巻がドラえもんファンなら必見の理由

 0巻がドラえもんファンなら必見の理由は、やはり第1話が6種類を読み比べできること。よほどのマニアでなければ、第1話が6種類あったことなど、 知らなかったのではないでしょうか?

 また、必見の理由は、以下のように、今と違うドラえもんが見られることもあります。

◎ドラえもんが4つ足歩行している
◎タケコプターなしで空を飛んでいる
◎ひみつ道具を使わない
◎スネ夫がガキ大将
◎ジャイアンが穏やかな表情でかわいい
◎しずかちゃんはバイオリンが上手だった

 ちょっとネタバレにもなってしまいますが、テレビ番組でも放送されていますので…

 ドラえもんが、「たぬき」と言われると、「猫型ロボット!」と言い返すシーンが時々ありますが、第1話では、動物のイメージで「4つ足で走り出す」シーンがあるのでしょうね。

 それにしても、ドラえもんの全体の形が、やぼったいというか、ぼたっとしているというか…

ドラえもん0巻の感想

 とにかく、今のドラえもんとの違いに驚きますね。誕生から50周年そいうことですし、読者の世代に合わせた第1話ですから、違いがあって当たり前ですが…

 50周年の重みを感じるとも言えます。

 予告編では、まだキャラクター設定が出来ていなくて、机から飛び出すドラえもんの姿もなければ、「ドラえもん」という名前すら出ていなかったのですから、今との違いが多くても当然なのでしょうね。

 第1話6種類というのは、初期設定に迷う姿なのかもしれません。

 しかし、それ以上に、読者のことを考えてあえて設定を変え、それぞれのキャラクターを固定しなかったのでしょうね。

 さすが、藤子・F・不二雄さんと言うべきか!

まとめ

 ドラえもん0巻、大ヒットするのもわかりますね。本屋さんでは、店頭にはないところもあります。早く手に入れたい場合はネットの方が早いかもしれませんね。

 ドラえもん誕生50周年に相応しい企画ですね。

コメント